ふなむしのページ

ふなむしのひとりごと(2019)

その時々に調べたり、知った情報をまとめたページです。


■巨大船とは(9/10)

新日本海フェリーのSHKライングループが、2021年春に横須賀~新門司航路に新造船を就航させることを発表しました(8/30)。昨年末の計画発表以降、どんな船が就航するのか、他航路からの転配か新造か等、マニアの間でよく語られる話題になりました。

横須賀~新門司527マイルを20.5時間で結ぶので平均25.7ノット出さなければなりません。これだけの速度を出して燃費費の高騰にも配慮するとなると、新日本海フェリーの舞鶴~小樽航路、敦賀~苫小牧東航路と同等の船になることでしょう。さらにその後の新技術や新船型を取り入れた船になるのかもしれません。造船所は200m超の船が建造できる三菱造船長崎造船所です。

太平洋航路のフェリーとして初の巨大船になります。巨大船とは長さ(全長)200m以上の船舶の事で、海上交通安全法で規定されています。巨大船の航行については種々の制約があるため、日本のフェリーの多くは、長さを200m未満に抑えています。

巨大船のメリットとデメリットは何なんでしょうか? 調べてみました(説明に正確でない点があっても、ご容赦ください)。

●メリット
(1)大量輸送
船が大きくなると沢山のトラックが積めるので、大量輸送のメリットがある。
(2)スピードが出し易い
船が航行する際の抵抗は主に、・船体と水との摩擦抵抗 ・船が波を起こすことによって受ける造波抵抗。フェリーのような高速船にとっては造波抵抗の割合が大きくなる。
造波抵抗はフルード数(Fr)に支配されていて、フルード数が0.25を超えると造波抵抗が急激に増加する。
Fr=U/(L x G)1/2
U:速度(m/s)
L:水線長(m)
G:重力加速度(m/s2)
※L=200m、U=25.8kt(13.27m/s)、Fr=0.3
L=220m、U=25.8kt(13.27m/s)、Fr=0.286
同じ速度の場合、船の長さ(水線長)が長い程フルード数が小さくなり、造波抵抗抑制には有利。
最近はやりの垂直ステム船は、全長は同じでもフルード数計算に関係する水線長を短くできるので、造波抵抗抑制には有利。

●デメリット(全長224m、総トン数16000トンのフェリーの場合)
(1)夜間航行禁止
来島海峡航路、備讃瀬戸航路などでは、夜間航行できない。
(2)潮流による航行制限
来島海峡航路では、潮流が3ノットを越える場合は航行できない。
(3)視程制限時の航路外待機
浦賀水道、伊良湖水道、明石海峡など多くの航路では、視程2000m以下の場合は航路外で待機する。
(全長160m~200mの船舶は、視程1000m以下の場合は航路外で待機する。)

■ダイヤモンドプリンセスのAIS情報は信頼できるか?(8/22)

クルーズ船やフェリーに乗船したり、船の写真を撮影しに行く場合に重宝するのが、AIS情報を利用した船舶の位置情報サービスです。私のスマホには複数のソフトをインストールして利用しています。

かなり前から気になっているのが、ダイヤモンドプリンセスからの情報です。

位置情報サービスとして代表的なMarinetrafficのソフトで見ると、時々針路があらぬ方向を向きます。船で何らかのトラブル発生かと思いきや、その内針路は正常に戻ります。そんな場合でも、過去の航跡図(Past Track)を表示すると針路(位置情報を線で結んだ)には特別な変化はなく問題なく航行していたことが示されています。AISの針路が誤っていると思われる場合は、決まって針路が北または北東方向を向きます。

何度も見ているうちに、針路が正しい方角の1/10になっていることに気が付きました。針路が北または北東方向を向くことを裏付けています。


※2019/8/10の航跡図
緑色:正しい 赤色:誤りと思われる

VESSEL TIMELINEのメニューでは、過去の船速の変化が表示できますが、時々スピードが急激に落ちます。速度はゼロではなく1ノット~2ノットの微速になっています。正常と思われる前後のデータと比べてみると、問題の時刻のデータは船速が1/10になっています。


※2019/8/21船速の変化

当初この現象を見た時には、Marinetraffic側の問題を疑いました。

各船舶から送信されたAIS情報は、世界各国の陸上の施設で受信され、その情報が集約されてインターネットで配信されています。船舶の近くに受信施設がないとその船舶の情報は配信されません。(※Marinetrafficは有料で人工衛星経由の情報も配信していますが、詳細は理解していません)

一時的にAIS情報がロストした場合に上記現象が発生するかと疑いましたが、まさか数値が1/10になるとは考えられません。おそらくダイヤモンドプリンセス側の問題と思われます。

AIS情報はトータル168ビットのデータの中に、船舶コード、位置、速度、針路などの情報を埋め込んで送信しています。ダイヤモンドプリンセスで誤っていると思われる情報はCOG(Course Over Grand)とSOG(Speed Over Grand)です。COGは船の針路を1/10度単位に換算し12ビットの情報として埋め込んでいます。SOGは船の速度を1/10ノット単位に換算し10ビットの情報として埋め込んでいます。

元システムエンジニアの私としては単純なバグの存在を疑ってしまいます。船の計器から得られた速度と針路の生データからAISの送信情報を作製するプログラムで、値を10倍して単位を換算する処理を入れ忘れた恐れがあります。常に誤っている訳ではないので、条件分岐で片側の処理には10倍する処理が正しく入っているのに、別の側の処理は10倍する処理を入れ忘れたかもしれません。

この問題はダイヤモンドプリンセスだけかと思いきや、日本近海を航海しているサンプリンセスやマジェスティックプリンセスでも発生しており、プリンセスクルーズの船舶に共通する問題です。

お節介にも、過去にこのことをカーニバルジャパンにメールで連絡したことがありますが、無視されてしまいました。メールの送信先が適切でなかったのでメールの趣旨が理解できなかった恐れがあります。

インターネットが当たり前の様に使え、多数の情報を簡単に入手できる時代となりましたが、全ての情報が正しいとは限らないので、複数の情報を見比べて信ぴょう性を確認してから利用するのが賢明です。

■いしかりの大浴場にレジオネラ菌(8/7)

太平洋フェリーのサイトに、「いしかり」の大浴場でレジオネラ菌に感染した乗客が出たことが発表されています。

このような事態を起こしたことは良くありませんが、事の顛末とその後の対処についての説明は分かりやすく、次に乗船した時には不安なく大浴場が使えそうです。

かつて「ぱしふぃっくびいなす」で同様な事が発生し、裁判沙汰になったと聞いています。他のクルーズ客船やフェリーでも再発防止のための対策をお願いしたい。

■済州島ワンタッチ無上陸クルーズ(7/19)

旅行会社からもらったパンフレットを眺めていたら、興味深いクルーズをみつけました。

来年4月のコスタネオロマンチカが沖縄~横浜の片道運行をします。途中韓国の済州島に入港するのですが、乗客は上陸できないらしい。
外国船は日本国内航路の営業はできないので、必ず外国の港に寄港しないといけません。当然、お客さんはそこで観光するのですが、このクルーズは日程の関係からか済州島は入港して直ぐに出港してしまいます。

北欧のフェリーでは、船内販売を免税にするため、EU加盟外の港にワンタッチして外国航路とする方法は知られていますが、日本発着クルーズでもそんな手を使うクルーズが出て来ました。日韓の関係は悪化しているし、釜山や済州島は何度も行ったのでもう飽きたし、というお客さんが多くなった現状では、ワンタッチ無上陸寄港も増えるのかもしれません。

■にっぽん丸改装とピースボートのゼニス(7/13)

にっぽん丸の改装計画とピースボートのゼニス就航が相次いで発表されました。

にっぽん丸の改装でキャビンの居心地がよくなるのは歓迎です。船首にあるネプチューンラウンジやビスタスポットが無くなってしまうのは残念ですが、他の公室からは離れて利用し辛い位置にあるので、船全体のレイアウトから考えると止む無しかなあ。排気ガス対策もするのかもしれません。

ピースボートの新船投入は、エコシップ計画に絡んでほのめかされていたので驚きはなかったです。オーシャンドリームを予約している人の話では、かなり先まで埋まっていて予約が取り難いとのことなので、2隻運航でも集客に問題ないとの自信があるのでしょう。一方、エコシップは就航を2022年に延期したとの発表以降、その後の進捗が発表されていません。どういう状況なのでしょうか?

来年は排気ガス規制が始まるのも影響して、飛鳥Ⅱ、にっぽん丸と改装ラッシュになります。ぱしふぃっくびいなすはどうするのでしょうか。

ピースボートは2隻体制となり、怪しいながらも新造船の計画があるので、他の日本のクルーズ船社からは一つ頭を出した感じです。やっぱり日本のクルーズ業界のリーディングカンパニーはピースボート(ジャパングレイス)。

■ペット同伴に関する運用ルール変更(7/3)

フェリーさんふらわあ ペット同伴に関する運用ルール変更がありました。
最近はペットと一緒に泊まれる船室が設けられて、ペットを飼っている方には便利になりましたが、その陰では、ペットに関するトラブルも発生しているのでしょうね。

■クルーズ客船の救命ボートの搭載数(6/19)

これまで何度も調べて、その都度忘れています。

右舷:総定員(乗客+乗員)の50%分の救命艇を搭載。但し、その内15%分は救命筏でも可。
左舷:総定員(乗客+乗員)の50%分の救命艇を搭載。但し、その内15%分は救命筏でも可。
それに加えて、総定員の25%分の救命筏を搭載。

救命筏とは、繭の形をした膨張式のゴムボートの事です。

全体で125%分なので充分な数に見えますが、座礁などして直後に船体が傾くと片側の救命艇は使えなくなるので、これで充分かどうかの判断は難しいです。

■ピースボートのキューバ寄港中止(6/8)

6/4に発表された、米国民を対象としたクルーズ船によるキューバへの渡航制限措置はアメリカ発着クルーズが対象と思っていましたが、アメリカの港に寄港後キューバに向かうピースボートも対象となったようです。

ピースボートはタイミングが悪かったですね。ほんの少し早い日程なら、なんら問題なくキューバに寄港できていたことでしょう。

■TV「日本→米国20000Km自動車輸送船に乗せてもらいました」(6/9)

昨年10月に放送された「巨大コンテナ船に乗せてもらいました!」に引き続く第2弾です。

新造船なのに、意外とトラブル発生するもんなんですね。
SOx対策で燃料油を重油から軽油に切り替えるとは、驚きでした。
オフィサーの居室は意外と質素な感じがしました。

トラブルの一つが「ブラックアウト」でした。結局、この自動車運搬船では全船停電には至りませんでしたが、機器の不具合や人的ミスにより、いつ何時でも全船停電(ブラックアウト)に陥る恐れがあります。

ベニスでコントロール不能になったMSC Operaもこんな状態だったのかもしれません。

■事故は連鎖します(6/2)

MSC Operaがベニスの運河でコントロール不能になり、リバークルーズ船(River Countess)の停泊する岸壁に突っ込んだようです。(画像はMarineTrafficから)

■ハンガリードナウ川で遊覧船事故(5/31)

ハンガリーで発生したドナウ川での遊覧船事故で、「ライフジャケットを着用していなかったのが問題」との主旨の報道がありました。
誤った報道と思われます。日本で遊覧船に乗る際、常時ライフジャケットを着用する必要はなく、海外でも同様と思われます。報道だからといって、すべてが信用できるわけではありません。自分なりに吟味する必要があります。

※追補
では日本では、どういう場合にライフジャケッを着用する必要があるのか(平常に航海時に)調べてみました。昨年(平成30年2月)法令が改正されて厳しくなっていました。

小型船舶(20トン未満)の乗船者全員に着用義務があり、違反した場合は船長に違反点数が付きます。「船室内にいる人」は着用対象外です。

例外とされるケースの一つとして「船長が定めた安全場所の範囲内にいる人」があり、「着用義務」から「着用に努める義務」に軽減されています。「高さ 75cm 以上のさく欄その他の船外への転落を防止するための設備に囲まれた場所」が安全場所の要件になります。

内海の内航客船には19トンの船が多くありますが、上記のような例外処置によりライフジャケットなしでもOKとなっているようです。但し、「着用に努める義務」はあり、遵守する必要があります。しかし、ほとんどの客船で「着用に努める義務」は果たされていない様に思います。

■ジャパネットTVショッピング(5/17)

ジャパネットのTVショッピングで来年のMSCベリッシマのクルーズを販売していました。説明が手慣れていて、思わず電話を掛けたくなります。

全ての客室で、ドリンク代込み、チップ込み、シルクドゥソレイユ無料、寄港地で無料循環バス運行、とお得感を出しています。
TVの生放送での説明は、海側バルコニー付きキャビンにフォーカスし、「その他の部屋もあります」的な説明で、他の会社でよくあるような全客室タイプを網羅的に説明するのとは、かなり違っています。

日本のクルーズ業界の今後において、ジャパネットは無視できません。

■飛鳥Ⅱ大改装計画発表(5/15)

飛鳥Ⅱが2020年1月中旬より45日間の工期で改装工事を行うと発表しました。かなり大規模な工事となるようです。
https://www.asukacruise.co.jp/news/29556/

来年1月からのIMOのSOx規制はクルーズ業界への影響が大きそうです。飛鳥Ⅱは排ガス脱硫装置を付けるそうですが、他船はどうするのでしょうか。

■博多港の日本一を支える水先人(5/2)

クルーズ船の来航ニュースは歓迎行事を紹介したり、客船や公室を映すだけなのが定番でしたが、最近は見ごたえのあるニュースが増えて来ました。

クルーズ客船来航数日本一の博多港を担当する水先人の活躍です。
Yahoo News(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00010000-kbcv-l40)

■ユーミン船上コンサート(4/29)

今夜のテレビ東京WBSにユーミン出演。同じ番組で東京港に入港したコスタベネチアを取り上げていました。

WBSのキャスターが「おもてなしの精神で日本でもクルーズをやったら良いのに、ユーミンのコンサートも実施すれば良い」と言っていました。
ユーミンの船上コンサートは、昭和の頃にやっていました。新さくら丸船上です。

Merry Xmas from YUMING(1983)を遠くから聴いていました。

■ふじ丸が台湾高雄に?(4/3)

MarineTrafficでAIS情報を見ていたら、ふじ丸が高雄に居ました。今年1月に中国に行ったハズですが。

※続報
その後も継続して情報をフォローしていたら、一時期東京湾に居ると表示されました。過去の位置情報が誤って表示されたみたいです。

■バイキングスカイ ノルウェー沖で漂流(3/24)

ここ数年で多数の新造船を就航させているバイキング・オーシャン・クルーズのバイキングスカイが主機停止し、ノルウェー沖で漂流中です。

※続報
エンジン再始動に成功し、無事近くの港に入港できました。
エンジンオイルが少なく(規定量ではある)、荒天で船が傾きエンジンオイルが偏ったため、エンジンオイルレベルセンサーが作動し、主機が停止したとのこと

■自衛隊 海賊対処の舞台裏(3/16)

安心して世界一周クルーズができるのは、こういう舞台裏があってのことです。

感謝しています。

YahooNews(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010000-wedge-pol)

■日本の造船所は大丈夫なの?(1/19)

いしかりで発電機不具合。太平洋フェリー(http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/news/20190118.html)

最近、ドック明け直後のフェリーでトラブルが続出しています。

■YouTube「パイロット登る!」シリーズはマニア必見(1/18)

先日初めてお会いした現役パイロットの増島忠弘さんがYouTubeに投稿している「パイロット登る!」シリーズは、嚮導中にブリッジから撮影した動画で、臨場感たっぷりです。

その5(https://www.youtube.com/watch?v=jV8xG-bPBEM&t=61s)
接岸するのは、四日市港SG岸壁です。




トップページへのリンク