ふなむしのページ
世界一周への道
まとめ編

2020年 飛鳥Ⅱリニューアル工事

2019/5/15に飛鳥Ⅱのリニューアル工事実施が発表されました。工事期間は2020年1月中旬より45日間で、2020年の世界一周クルーズに日程を合わせて、シンガポールの造船所で実施されます。
詳細:郵船クルーズのHP

報道によると、新造船の建造計画も引き続き検討されており、2019/5/1に新造船に関するプロジェクトチームを結成し、今後2年を目処に提言をまとめるとの事。

■改装内容

「乗客の皆さまが心地よく快適に過ごせることを考えた施設の設置や改装を念頭に置いた」とのコンセプトで、改装費用は数十億円規模との事。

◆展望大浴場グランドスパ
・前方に拡大して露天風呂を設置
※ウィンブルドンコートは廃止

◆スイート客室専用のダイニング
・名前を「プレゴ」から「ザ・ベール」と改称して拡大。
・2回制から、いつでも食事ができるオープンシッティングに変更

◆ビュッフェレストラン「リドカフェ」「リドガーデン」
・アイランド形式のビュッフェカウンターを設置
・2人用の席を増設

◆ブックラウンジ「イー・スクエア」を新設
・コンピュータープラザとライブラリーを兼ねたオープンな雰囲気のラウンジに変更
・インターネット(有料)が利用可能、飲み物を提供

◆アスカプラズ
・エントランスエリア(アスカプラザ)にLEDスクリーンを設置

◆アスカスイート
・和洋室を2室設置

◆船内サービス
・Wi-Fiが全客室で利用可能(有料)
・客室TVのサイズ拡大
・オンデマンドで映画を楽しめるサービス開始

■環境対策

2020年1月に発効する排気ガスに含まれる硫黄酸化物(SOx)規制に対応するため、排ガス脱硫装置(SOxスクラバー)が新たに搭載されます。

■感想、まとめ

・ウィンブルドンコートがなくなると、ゲーム大会の開催場所が少なくなります。飛鳥名物「いか跳ばし大会」はどこでやるのでしょう。
・スイート客室専用のダイニングの拡大により、「海彦」はエリア縮小?
・ブックラウンジ「イー・スクエア」は、ライブラリー、カードルーム、コンパスルームを結合した大きなラウンジだったらイイですね。扉のないオープンなラウンジだったら最高です。カードルーム、コンパスルームの機能は、現「コンピュータプラザ」に移設すれば大丈夫です。

◆他に改装してほしい点
・パームコートの窓の水漏れ(痕跡)は本格的に修理して綺麗にしてほしい。
・クラブ2100はもっと明るい雰囲気にしてほしい、現状は昼間でも薄暗い感じ、舞台裏や舞台袖を無くして後方をガラス張りにするとか。
・船齢が高くなると配管に問題が生じやすいとか、2018年のクルーズ中には1度だけトイレが使えなくなりました。今回公表されていない裏の部分でも多くの改修が入ってより良い船になることを期待します。


戻る→世界一周への道